インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

MDriveイーサネットゲートウェイ2SPS IPCはホール3、248スタンドをドライブ

KOCOモーション 将来に備えて電気駆動装置とモーション制御製品を装備し、SPS IPC Drivesでイーサネット対応ソリューションを紹介しています。 見本市の外観の焦点は、統合されたステッピングモータードライブ「Mdrive Plus」と「Mdrive Hybrid」、および イーサネットゲートウェイ Mdriveドライブおよびステッピングモーターは、シリアルRS485 / 422インターフェイスとASCIIコマンドセットを使用して「Mforce」を制御します。

Modbus TCPの後、イーサネット/ IPは統合されたステッピングモータードライブの最新のフィールドバスになりました Mdrive PlusMdriveハイブリッド 利用できます。 使用するイーサネットベースのプロトコルは、構成プログラムを介して選択されます。 選択オプションは、Ethernet / IP、Modbus TCP、またはMcode(ASCIIコマンドセット)です。

Mdriveハイブリッドイーサネット/ IPドライブでは、特許取得済みの閉ループ制御HMI(ハイブリッドモーションコントロール)が、ステッピングモーターに典型的な「脱調」を防止します。 過負荷が発生した場合、統合エンコーダーの助けを借りて、速度を停止状態に調整します。 したがって、モーターはDCサーボドライブのように動作するため、サイズを大きくする必要はありません。 正確なマイクロステップ操作により、高解像度の動きと非常に正確な位置決めが可能です。 モーターフランジサイズNema 23(56 x 56 mm)にはXNUMXつのモーター長があります。

新しいイーサネットゲートウェイにより、Mdriveシリーズのステッピングモータードライブは、イーサネットベースのバスおよびフィールドバスシステムのイーサネットゲートウェイを介して、シリアルRS-485 / 422インターフェースおよびASCIIコマンドセットを備えたMforceシリーズと統合できるようになりました。

ユーザーは、構成プログラムを介して、対応するパラメーター、データオブジェクト、およびそれぞれのIPアドレスを設定します。 次に、それぞれのポートを介して適切なイーサネットプロトコルを選択し、Mcodeと呼ばれるRS485 / 422インターフェイスのASCIIコマンドセットを変換します。 イーサネット/ IP、Modbus TCP、Mcode over Ethernet(ASCIIコマンドセット)も利用可能です。


メーカーの別の寄与 ニュースレター このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!