インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

fraunhofer1113あるエンドデバイスから別のエンドデバイスに大きな画像ファイルまたはFull HDフィルムシーケンスを転送するには、時間がかかるだけでなく、多くの忍耐が必要です。 つまり、有線データの転送には数分かかる場合があります。 「高速化する必要があります」と、フラウンホーファーフォトニックマイクロシステムズIPMSの研究者は述べ、光を伝送媒体として使用するデータトラフィック用の高速道路を開発しました。 データは最大5 Gbit / sでワイヤレスに送信できるようになりました。

大量のデータのワイヤレス転送を加速するために、Dr。 Fraunhofer IPMSのFrank Deickeが目標を設定しました。 そのため、一般的なUSB 3.0規格の代替として、最大5 Gbit / sのデータ転送速度を可能にする通信モジュールを開発しました。 一般的な傾向に反して、彼はBluetoothやWLANなどの無線接続を使用せず、赤外線による光ワイヤレスデータ送信を使用します。

»赤外線伝送を無線伝送媒体として使用することにより、情報を無線伝送用に特別にコーディングする必要がないため、現在利用可能なソリューションの100倍高速な信号処理が可能になります。 また、光リンクはビットエラーレートが非常に低いことを意味するため、理論上可能な最大95%のネットデータレートが達成されます。 パーセンテージの点では、これはWLANではるかに低く、«Deickeが説明し、赤外線技術の別の利点を示しています。

»ライトを通るパスは、バイトあたり15%のエネルギーしか必要としません。 携帯電話やデジタルカメラなどのモバイルバッテリー駆動デバイスは特に有益です。« 唯一の条件:赤外線でも機能するリモートコントロールと同様に、いわゆる「見通し線」接続が必要です。 これは、送信者と受信者の間の明確な視野が必要であることを意味します。 Deickeの赤外線通信モジュールを使用すると、通常のケーブルの絡まりは、大きな画像ファイルや音楽ファイル、または高解像度のフィルムシーケンスをあるデバイスから別のデバイスに光の速度で転送するワイヤレス高速接続にすぐに置き換えられます。

赤外線通信モジュールの可能な応用分野は、消費者セクターから産業用アプリケーションにまで及びます。 Fraunhofer IPMSは評価キットを提供します。このキットを使用すると、関係者は、ターゲットシステムでマルチギガビット範囲のデータレートで光ワイヤレスデータ伝送を評価できます。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!