インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル
epsg0417ハノーバーメッセホール9は、スタンドF25

インクルード イーサネットPowerlinkの標準化グループ(EPSG) エッジアーキテクチャは、工業用のIoTのために実装する方法を示しています。 新規なロータリートランスを示す有効コントローラエッジに加えて、とりわけ、100メガビット/秒と接触することなく、パワーリンクで送信されます。

いくつかのEPSGメンバーは、データを前処理し、集約された情報をクラウドに直接送信するコントロールを示しています。 これにより、エッジアーキテクチャを簡単に実装できます。 AMQPまたはMQTTプロトコルによって送信されるOPC UAは、クラウドとの通信に使用されます。

Spinnerの非接触回転トランスミッターを使用したロボットアプリケーションをライブで見ることができます。 デバイスは完全に摩耗せずに動作し、100 MbpsのフルデータレートでPowerlinkデータを送信します。 ビットエラー率は1x10未満です-12、 スリップリングシステムで発生する可能性がある、データパケットの欠陥によるサイクルタイムの増加は過去のものです。
メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!