インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

mitsubishi0718オープンな産業用イーサネットプロトコルCC-Link IEは、ギガビットのデータレートをサポートします。 このネットワークファミリの最新メンバーであるCC-Link IE Field Basicは、ハードウェアを変更することなく、100-Mbitイーサネットポート経由でオートメーションコンポーネントを接続することができます。 互換性のある製品とソリューション 三菱電機 小規模なアプリケーションやフィールド機器の近くに設置する場合でもネットワーキングのメリットがあります。

自動化されたネットワークは、提供されるコンポーネントの数と種類に依存します。 透過性とネットワーキングの利点は、高速制御を必要としない小型システムにも当てはまります。 CC-Link IEフィールド・ベーシック(IEFB)は、ソフトウェアによるサイクリック通信を実現することで、導入コストの面から、デバイス・パートナーに開発インセンティブを提供します。

コントロールシリーズの製品では、MELSEC「iQ-R、iQ-F、Q、およびLは、CC-Link IEFBオートメーション・プロバイダがサポートし、プロダクションのネットワーキングを促進します。 これらのCPUモジュールは、イーサネットポートを介してセンサやアクチュエータなどの基本的な産業機器のマスタステーションとして使用すると同時に、エンタープライズレベルに接続することができます。 その結果、別個のネットワークモジュールを省略することができ、スペース要件およびハードウェアコストを削減することができる。

メーカーのプログラマブルロジックコントローラ(PLC)をベースとした全社的なソリューションは、社内のプログラミングソフトウェア "GX Works2「またはGX Works3は、ネットワーク内のデバイスの動作状態や通信状態を監視することで、セットアップと保守を容易にします。 三菱電機のハードウェアと EF @ ctory コンセプトオープン CC-Linkネットワーク 第三者によるデバイス開発をサポートするため、同社は業界での「もの」のネットワーク(IIoT)を積極的に推進しています。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!