ロボットソフトウェアMotekホール7、7102スタンド

インクルード フラウンホーファーIPA 提供 ロボットソフトウェア ソフトウェアの「ドラッグ+ボット」は、プログラミングの努力を示します ロボット 最小限に削減。 グラフィカルユーザーインターフェイスを使用して、複雑なロボットアプリケーションにすばやく直感的に組み合わせることができる既製のプログラムモジュールを提供します。

さらに、操作および入力補助により、ブロックのパラメーター化が簡素化されます。 したがって、異なるメーカーのロボットを再プログラミングするための専門知識は必要ありません。

Die Robotersoftware „Pitasc“ für kraftgeregelte Montageprozesse ermöglicht es, bisher manuell ausgeführte Prozesse wie das Montieren von Schaltschränken, wirtschaftlich sinnvoll zu automatisieren. Die Robotersoftware ist innovativ, weil die einmal modellierte Aufgabe auf neue Werkstückvarianten, andere Robotertypen und auf Roboter anderer Hersteller übertragbar ist. Zudem ist sie ähnlich einem Baukastensystem strukturiert: Die Robotersoftware enthält vielseitig einsetzbare und wiederverwendbare Programmbausteine, die Systemintegratoren bei der Einrichtung eines Robotersystems individuell zusammenstellen können und die direkt einsetzbar ist. Pitasc ist in drag+bot integriert und kann somit einfach genutzt werden.

たとえば、企業がアセンブリプロセスをより頻繁に自動化する場合、技術的および経済的に適切なプロセスを特定することが重要です。 この目的のために、IPAは自動化の潜在的な分析を提供します。これにより、企業はすべての組立作業場と生産ラインおよび適切な自動化の可能性に関する十分な根拠のある意思決定知識を受け取ります。 これにより、「クイックウィン」を体系的に開発し、これに基づいてコンセプトを作成および実装できます。

現在、初めて、この分析は、新しく計画されたソリューションと既存のソリューションを比較できるデータベースを含むアプリを使用して行われます。 これにより、計画プロセスが大幅に簡素化されます。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

ロボットに関するその他のニュース

  • Fachartikel Logimat Halle 7, Stand F51 Der Cobot von Universal Robots (UR) erhält eine deutlich größere Reichweite. Möglich wurde diese durch den Einsatz der UR+ zertifizierten Linearachse von Rollon. Sie wurden optimal für die Zusammenarbeit mit den populären kollaborativen Robotern Cobots in der Automatisierung konzipiert. So ist das All-in-One-Paket „Dahl Linear Move“ vollständig Universal Robots systemintegriert. Es lässt sich individuell konfigurieren und sehr einfach bedienen. Laut Rollon war es noch nie so einfach und es ist erstmals so schnell und wirtschaftlich möglich, einen kollaborierenden Roboter von UR mit einer Linearachse zu kombinieren.
  • ユーザーレポート必要なコンポーネントをドイツ国内で独占的に製造し、収益性も高い機械工学会社がまだあります。 Durwen Maschinenbau GmbHは、生産において高度な自動化を実装しているため、これを管理しています。 たとえば、フォークリフト用のアドオン部品の製造では、CNCフライス盤の制御は三菱電機のハンドリングロボットと直接通信し、マスターを必要としません。
  • 3D印刷用のABBロボットは、わずか30分でプログラミングできるようになりました。 このため、シミュレーションおよびオフラインプログラミングソフトウェア「Robotstudio」に機能が統合されています。 ノベルティは、日本で開催されるロボティクスフェアIrexで初めて発表されます。 Powerpacポートフォリオの一部である新しいソフトウェアのおかげで、企業はもはや手動プログラミングを実行する必要がなくなり、3D印刷コンポーネントをより迅速に作成できます。
  • Baumerの新しいスマートな「Verisens」XF900およびXC900ビジョンセンサーは、わずか数分のセットアップでユニバーサルロボットの協調ロボット(コボット)を制御します。 ロボット対応のビジョンセンサーは、コボット以上に直接取り付けられます。 特許出願中のSmartgridにより、画像補正、世界座標への変換、ビジョンセンサーとロボット間の座標比較に関するキャリブレーションが自動的かつ非常に簡単に実行されます。
  • カバーストーリー有名なニューヨークのデパート、ブルーミングデールのクリスマスプロモーションは伝説的であり、今年はXNUMX台のABBロボットが大きな役割を果たしています。XNUMX種類のクリスマスショップウィンドウのうちXNUMX台で、ABBはロボットと自動化ソリューションが視覚的商品化を市場にもたらす方法を示しています次のレベルを上げて、ショッピング体験をよりダイナミックで珍しいものにします。
  • SPSホール7、スタンド190セカンダリエンコーダーを使用すると、ロボットアームのツール中心点の絶対位置精度を最大80%向上させることができます。 これにより、産業用ロボットは組立技術でより正確なタスクを実行できます。 B.自動車産業。 ハイデンハインは、モーターフィードバックに加えて、ギアユニットに従って各ロボット軸にセカンダリエンコーダーも構築します。
  • 完全に自動化されたグリッパー交換システムに加えて、手動ロボットは依然として協調ロボットで使用されています。 QC75を使用して、Gimaticはコボットの要件に合わせて調整される協調型のハンドチェンジシステムを開発しました。
  • 三菱電機のRV-FRおよびRH-FRシリーズの新しい「Melfa」関節アームおよび「Scara」ロボットは、CR750 / 751およびCR800ロボット制御に直接統合できる力トルクセンサーによってサポートされるようになりました。 Force Sensorは独自の制御を必要としないため、プロセスが大幅に簡素化され、エンジニアリングの労力が節約されます。
  • HechingenのGimatic Vertrieb GmbHマネージングディレクターJohannesLörcherへのインタビュー
    ダウンロードビデオ
もっと読み込む 考えます SHIFT すべてをロードする すべてを読み込む