インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

steinbichler0512AUTOMATICAホールB2、ブース100

シュタイン オートメーションソフトウェア「Steinbichler Visio 7」と1つのロボットセルを彼の見本市の外観の中心に置きます。 一種のマスター機能では、これは1つのインターフェースを介して自動化プロセス全体をマップします。 同時に、標準化されたソフトウェアと簡単な操作により、高いレベルの運用上および運用上の安全性が確保されます。 このソフトウェアは、顧客の実際のロボットシステムXNUMX:XNUMXを仮想的に描写します。

「私たちは、Visio 7ソフトウェアの自動化された品質保証のための継続的なクローズドワークフローを開発しました。このワークフローでは、プロジェクトの開始からシミュレーション、評価、ロギングまでのすべてのプロセスステップがマッピングされます。 これにより、責任者に高レベルの運用セキュリティが保証され、プログラミングの時間も大幅に節約されます。 一方、3つのロボットセルは、「表面品質を評価するための表面測定」および「XNUMXDデジタル化を使用した寸法品質決定」のトピックをカバーしています」

最初のロボットセルには「Steinbichler Abis II」センサーとXNUMX台のABBロボットが装備されており、表面品質を評価するための表面測定のトピックが描かれています。 客観的かつ高精度の検査システムを使用して、表面欠陥(板金部品やボディシェルなど)を早期かつ完全に検出することで、品質プロセスがより効率的になります。

「Steinbichler Comet L3D 5M」センサーとKukaのロボットを備えた3番目のロボットセルは、3Dデジタル化を使用した寸法品質の決定に焦点を当てています。 センサー誘導またはオブジェクト処理用のロボットと組み合わせて、完全に自動化されたコンポーネント測定が可能です。 これにより、さまざまなサイズのコンポーネントに対して、たとえば初期サンプル検査(機能寸法のチェック)などのXNUMXDデジタル化がさらに高速化され、定期検査が大幅に簡素化されます。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!