インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル
Gimatic0315Motekホール4、4228スタンド

Gimatic その広いから再び多数のノベルティを提示します メカトロニクスプログラム、 特に、メカトロニクスグリッパーの2つの新しいオプション、グリップ力の仕様とジョー位置の検出が提示されています。 メカトロニクスのスペシャリストは、GMP互換のメカトロニクスグリッパーも展示します。 そのグリッパー船体はGMPテスト済みと見なされるためにすべての仕様を満たしています。

把持力仕様オプションを備えたメカトロニックグリッパーは、コントロールを介して、または別のトリガーデバイスを使用して、これを直接受け取ります。 必要な把持力は、0 V〜10 Vのアナログ値仕様を介して、コントロールを介して直接設定できます。 これは、非常にデリケートなコンポーネントであっても、それらを破壊することなく取引できることを意味します。 必要に応じて、必要なアナログ値を中間デバイス(トリガー)を介して指定し、グリッパーのコントロールカードに保存できます。 これは、ユーザーがシステムに無料のアナログ出力を持っていないが、定義された把持力を設定したい場合に必要になります。

さらに、例えば医療および医薬品用途で禁止されているように、把持力の制御されない変化をもたらすことは不可能です。 作業者が手動で行った把持力の不要な変更は除外されます。 この機能により、グリッパーは検証に必要なアプリケーションの要件を満たします。

グリッパーの顎の位置は、グリッパーにオプションで取り付けられたセンサーを使用して以前に記録されました。 これにより、追加のインストール作業と調整作業が常に発生するため、Gimaticは高解像度エンコーダーをメカトロニックグリッパーに統合しました。 これらは顎の位置を直接記録するため、センサーを使用する必要はありません。
メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

Tretter
EKS
Gimatic
Baumer
Optris
ミネベア
シュメアザール
キップ・ヴェルケ
シェフラー
ロドリゲス
Elmeko