インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル
afag0216Afag タイプECとEU二つの新しい電動グリッパを呈します。 電動グリッパユニバーサルEU 12は2の接点ギャップは3のミリメートルと30 N.彼は約70 msの非常に高速な応答とサイクルタイムの把持時に保証されており、したがって、最小限に非生産的なダウンタイムを作るまでのグリップ力をxはしています。

電動グリッパEG-12は、ストローク8 mm、最大グリップ力30 Nを実現し、グリップタイムが約80 msで応答時間とサイクルタイムを短縮し、非生産的な非生産時間を最小限に抑えます。 EG-12電動グリッパーには、グリッパードライブとしてのEG-12、パラレルグリッパー付きのEG-12 / P、ラジアルグリッパー付きのEG-12 / Kの3つのバージョンがあります。 EG-12 / Pグリッパーの開度は2 x 4 mmで、EG-12 / Kグリッパーの開角度は180°です。

取り付け位置は両方のグリッパータイプで任意です。 側面と背面にドリル穴があります(2 x 2.5 mmグリッド(背面)の16 x M16、または2 x 3.3 mmグリッド(側面)の20 xØ20 mm)。 1つのデジタル入力と2つのデジタル出力が利用可能です。 したがって、グリッパをPLCまたはロボットの制御装置に直接接続することができます。これにより、追加のスイッチング装置が不要になり、初期化も不要になります。

両方のタイプのモジュールに使用されているブラシレスDCモータは、定格電流24 mAでの動作電圧28 V、および負荷時の最大電流550 mAです。 24 V DCドライブのおかげで、特にグリッパーが動作しているときにだけ電力を必要とするため、消費電力が少なくてすみます。 統合された把持力安全装置により、停電の場合でも安全な操作が保証されます。 ECコントローラーがモニタリングを確実にし、他のコントロールユニットは必要ありません。
メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!