インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

yaskawa0318ハノーバーメッセホール17は、スタンドB24

協調ロボット "Motoman HC10Yaskawaからは、欧州機械指令2006 / 42 / EGの要件を満たすだけでなく、 FSUとPFLボードを搭載したコントローラーYRC1000も、DIN EN ISO 3-13849に従って少なくともパフォーマンスレベル(PL)の "d"カテゴリー1を満たしており、標準仕様を超えています。 TÜVRheinlandが発行するタイプ試験証明書は、これらの特定の仕様に準拠していることを確認します。

制御YRC10とモートマンHC 1000は1,2 mの範囲のハイブリッドロボットと10は、通常、産業用ロボットと協調ロボットとして使用することができる量を、取扱kgです。 それはロボットとその環境との間の柔軟な相互作用を可能にするユニーク6倍力及びモーメントモニタリングを通じてオペレータと直接接触して必要な安全性を確保することができます。

ドイツとヨーロッパの安全基準の観点から、Motoman HC10は4の力と力の限界を持つロボットとして使用できます。 技術仕様ISO TS15066によるコラボレーションのタイプ。

アプリケーションと協調して、コラボレーティブロボットとして、保護ハウジングなどの追加の保護手段は必要ありません。 インストールは柔軟に行うことができます。 安全面に加えて、ユーザーフレンドリーな操作がHC10コンセプトの焦点でした。 プログラミングは、ロボットの「イージーティーチングHUB」を介してオプションで行うことができます。 ロボットが特定の接点で停止すると、マニピュレータ上で直接動作を再起動することができます。 ロボットアームは、人間工学的で協調的な側面を念頭に置いて設計されています。鋭いエッジや干渉輪郭、ピンチポイントの可能性が排除されています。

Motoman HC10は、本格的な産業用ロボットとしても使用できます。 ユーザーとの直接接触が必要ない場合は、フルスピードで駆動することができます。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!