インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

ハイデンハイン

ハイデンハインのプレゼント エンコーダ 自動化技術アプリケーションのフィードバックシステムとしての誘導センシングを使用します。 アブソリュートシングルターンECI 119エンコーダーは、ダイレクトドライブテクノロジーの用途および中空シャフトモーターへの取り付け用に開発されました。 とりわけ、最大の高さを持つデバイスの寸法。 19 mmから92 mmのハウジング直径、30から50 mmの現在可能な中空シャフト通路、および-20°から115°Cの動作温度範囲は、最新の機械コンセプトで使用するためにデバイスを配置します。

その特別な技術的特徴に加えて、ECI 119は、衝撃および振動の影響だけでなく、汚染に関してもかなりの機能的余裕を持っています。

誘導的に生成されたサンプリング信号の高い内部14ビット補間は、1回転内で19ビットの絶対値(524288位置に対応)を生成します。 位置値は、最大2 MHzのクロック周波数でEnDatインターフェイスを介して出力されます。 オプションで、デュアルコードの純粋なシリアル位置値に加えて、1信号周期の正弦波信号(32 Vss)も、両方の場合にプラグ可能な出力ケーブルを介して出力できます。

EBI 1135は、誘導センシングとEnDatインターフェイスを備えた別の製品です。 絶対マルチターンエンコーダーは、35ビットの合計解像度を達成します(シングルターン:19ビット、マルチターン:16ビット)。 ボールベアリングのないモジュラー設計とバッテリーバッファー式回転カウンターにより、非常にコンパクトな寸法が実現されています。 全長が13 mm未満、外径が35 mmのみのエンコーダは、世界最小のアブソリュートエンコーダの1つであるため、小型の非常にダイナミックなサーボモーターでの使用に適しています。


メーカーからの追加拠出 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!