インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

leuze0513Leuze Electronicは バーコードリーダー BCL 20には青色レーザーも搭載されており、405 nmの波長の光により、非常に薄いモジュール厚で被写界深度、距離、コード読み取りに関して驚くべき結果が得られます。 新しいBCL 20 SBバーコードリーダーは、主に小さな1Dコードの領域で使用されています。たとえば、包装技術、製薬産業、研究室アプリケーションなどです。

モジュールは、バーコードの最も狭いバーです。 モジュールの厚さが小さい場合(0,15 mmなど)、赤色光レーザーは、被写界深度(30 mm)がわずかです。 ただし、青色ダイオードの場合、被写界深度はかなり大きくなります(90 mm)。 これにより、アプリケーション内でのコードの配置の許容範囲が広がります。 さらに、青色レーザーの光学部品(B)の範囲は、以前の220 mm(赤色レーザー)から180 mmになりました。 原則として、BCL 20シリーズの据え付け型高速スキャナーは、フェイルセーフパラメーターメモリーを備えた産業環境での省スペースソリューションです。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

Pepperl + Fuchsの
Elmeko