インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル
Sensopart1213センソパートには サブミニチュアセンサー家族 F 10が展開されました。 レーザーセンサーに加えて、調整可能なバックグラウンド抑制機能を備えた光センサーや、高度に光を吸収するオブジェクト用の青色光バリアントなど、LEDセンサーも利用できるようになりました。 特に、FT 10-RH LEDライトスイッチは、調整可能なバックグラウンド抑制機能を備えているため、改造することなくさまざまなオブジェクトやアプリケーションに柔軟に適応できます。

最大スキャン距離は70 mmで、このサイズは市場で他に類を見ません。 さらに、15、30、または50 mmのスキャン距離を備えた固定焦点ライトスキャナーもあります。これもバックグラウンドを抑制します。 F 10センサーのバックグラウンド抑制は、ラインASICを使用した距離測定に基づいています。 この機能原理により、高精度の空間分解能が実現されるため、色や表面の特性に関係なく、明るい背景や反射する機械部品に対してオブジェクトを確実に区別できます。 わずか21,1 x 14,6 x 8 mmの寸法と3 gの重量で、小さな光センサーはロボットグリッパーに直接取り付けることができるため、ピックアンドプレースアプリケーションに非常に適しています。
メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!