インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

シュンク

6軸力モーメントセンサー「FTNet」 シュンク 高速データ出力、4つの可能な通信プロトコル、LAN経由のリモートモニタリング、およびWebインターフェイス経由の構成により、現在、産業オートメーション向けの最も汎用的な力/トルクセンサーです。 合計14サイズは、12と40.000 Nの間の負荷範囲をカバーします。

FTNetには、イーサネット、イーサネット/ IP、DeviceNet、およびCANバスインターフェイスがあり、さまざまなアプリケーションに対する独自のインターフェイス互換性があります。 製品テスト、ロボットアセンブリ、研削や研磨などの機械加工タスク、ロボット手術、リハビリテーション、神経学、その他多くの分野での用途に使用できます。 これにより、以前は手作業で、または複雑な特殊機械を使用してしか実行できなかった困難な組み立て、処理、および仕上げ作業を自動化することさえ可能です。

センサーは、7000自由度すべてで力とトルクの両方を測定します。 信号は、最大XNUMX Hzのイーサネット経由の高速出力またはCANを介して出力されます。 FTNetは、非常に動的な制御概念を実装するためにも使用できます。 リモート監視の場合、センサーをLANに接続するだけです。 システム設定は、Webインターフェースを介して構成、表示、および設定できます。 デモソフトウェアは、リアルタイムでXNUMX軸測定のグラフィカルビューも提供します。 信頼性の高い機能を確保するために、FTNetにはケーブル破損検出、過負荷保護、および温度補償があります。 このシステムは、センサー、シールドされたロボット対応Devicenetケーブル、およびイーサネットとDeviceNet / Can-Busインターフェイスを備えたNet-Boxで構成されています。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

Pepperl + Fuchsの
EKS
三菱
Rollon
ハーティング
Gimatic
NORD
シュメアザール
マイヤー
IGUS