インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル
leuze0414SPS IPCはホール7A、ブース230ドライブ

変数オブジェクトセンサ」RK46C-バロス感度と自動Empfindlichkeitsnachregelungの2つの調整可能なレベル」=ルーズエレクトロニック得点。 再帰反射センサーは、ポイントオブジェクトよりも、通常のセンサーとは異なりますが、バンド50さmmの全領域にわたって検出します。 パッケージング技術およびintralogistic物体センサは、異なる大きさ及び形状と穴の表面と照明物体を検出する。

この目的のために、これまでいくつかのセンサーとより大きな努力が必要でした。 調整可能な感度レベルと自動感度再調整(ALC)は、汚れや環境条件の変化が発生した場合でも、高いプラント可用性をサポートします-不都合な物体や収縮した物体でも確実に検出されます。 特殊なレンズにより、8および12 mmの2つの調整可能な感度レベルで、光帯域全体にわたって信頼性の高い検出が可能になります。 標準センサー技術の共通コンポーネントと、確立された固定システムとの互換性により、可変物体センサーの取り付けが大幅に容易になります。
メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!
キップ・ヴェルケ
シェフラー
Optris
EKS
Tretter
Baumer
ロドリゲス
Elmeko
ミネベア
Gimatic
シュメアザール