インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

ハイデンハインEMOホール25スタンドE33

Heidenhainは新しいものを持っています フライス盤制御TNC フライスと旋削の両方の機能を提供する機械にも対応できるように開発されました。 最初のフライス盤制御として、TNC 640はフライス盤を作動させるための機能をオプションで装備しています。 このようにして、供給者の制御システムによる完全な機械加工が今や実現され得る。 旋削加工のすべてのプログラムステップは、フライス加工で使用されるのと同じ方法でプレーンテキストでプログラムされます。

回転機能は既存のノウハウに基づいていました:回転制御を成功させるのを助けた多くのサイクルは現在新しいTNC 640で利用可能です。 これにより、ユーザーは現場で実証済みの旋削機能にアクセスできます。 TNC 640のもう一つの新機能は最適化されたユーザーインターフェースです。これはユーザーにプログラミングのより良い概観を与え、機能をより良く表示し、そしてステータスインジケーターをよりはっきりと表示します。

TNC 640は新しい制御設計を紹介します。 将来的には、TNCとロータリーコントロール「Manual plus」および「CNC Pilot」も最新のステンレススチールデザインで納入される予定です。 キーボードの表面とスクリーンフレームは、指で叩く人にチャンスがなく、簡単に掃除ができるように準備されています。 目立つのは、新しい19インチの大型カラーフラットスクリーンです。これは、TNC 640およびオプションでITNC 530で標準装備されています。

TS 460およびTT 460を使用すると、デバイスを変更することなく、切り替え信号の送信がオプションで赤外線または無線送信を介して行われるデバイスに、タッチプローブが初めて導入されます。 これにより、非常に長距離(無線)と高速信号伝送(赤外線)の利点が得られます。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

Auvesy
マイヤー
NORD