インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル
bopla0114組み込みの世界ホール2、211スタンド

タッチスクリーンと大型ディスプレイも、産業機械とプラント制御で増加しています。 Boplaは、独自の「Bo Touch」シリーズハウジングの開発に対応しました。 アルミニウム版の後、プラスチック版もあります。 新しいハウジングシリーズにより、市販のディスプレイと抵抗性および容量性タッチスクリーンの大幅に標準化された設置が可能になります。

Die Kunststoffgehäuse wurden speziell für kapazitive Multi-Touchscreens mit solider Glasoberfläche entwickelt. Die Gehäusefront besteht aus einem 3 mm starken Mineralglas, das einerseits eine hervorragende mechanische Stabilität aufweist und gleichzeitig die Optik moderner Touchscreen-Anwendungen ermöglicht. Die standardisierten Bo Touch-Kunststoffgehäuse gibt es für 5“-, 7“- und 10“-Multi-Touch-Diplays. Applikationsspezifische Varianten sind auf Anfrage realisierbar. Die rückseitige Abdeckung wird je nach Projekt aus 1 mm starkem Aluzinkblech gefertigt.

メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!