インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル
Kiesling0214ハノーバーメッセホール11は、スタンドE06

キースリンク 2014は、5年の開発の後、今年後半に世界初のロボット配線センターであるAverexを発売します。 最初は、2〜3つの特定のフィールドテストが計画されています。 機械、制御、および開閉装置アセンブリの自動化ソリューションは、以前は手間がかかっていた取り付けプレートの手動配線を、機器間の完全自動、標準、および安全関連の接続に置き換えます。

制御キャビネットあたりの作業時間は、最大15時間短縮されます。 プッシュインアタッチメント、自動ワイヤ変更、自動ワイヤラベリングなどの機能強化により、さらに高度な自動化が保証されます。 この場合、エンジニアリングのコンポーネントデータが迅速かつ完全に利用可能であれば、自動配線はロットサイズ1からも利益をもたらすはずです。

Averexは、コントロールパネル取り付けプレートの配線用に特別に開発されました。 ワイヤを適切な長さに切断し、絶縁し、ワイヤコアで圧着し、ケーブルチャネルを通してワイヤを送り、端子、コンタクタ、モータ保護スイッチなどのコンポーネントに取り付けます。 通常180前後の平均的な手動配線プロセスと比較して、Averexは40前後で同じタスクを実行します。また、登録のためのコンポーネントのレーザースキャンと取り付け公差の考慮により、信頼性が高くなっています。 多数の300ワイヤに基づいて、キャビネットごとの作業時間は、手動操作と比較して最大15時間短縮されます。

特許取得済みの270°回転可能マシニングヘッドには、ケーブル配線、切断、ストリッピング、および圧着ユニットのほか、6つのツール用のトルク制御ネジとツールチェンジャーが装備されています。 ネジ接続に加えて、プッシュイン技術による端子接続も可能になりました。 最大16の異なるワイヤ用のスペースを備えた自動ワイヤ変更、および自動ワイヤラベリングにより、自動化の度合いがさらに向上します。

Eplanが提供する配線データと、コンポーネントに関する3Dモデルからの情報および取り付けプレート上のそれらの位置は、マシンインターフェイスを介してAverexに転送されます。 この情報に基づいて、ロボットは最初に取り付けプレートの手動アセンブリを検証およびチェックしてから、コンポーネントの配線を独立して完全に自動で実行します。 色のワイヤの変更または断面の変更が含まれます。 これにより、手動配線のプロセスが大幅に高速化されます。
メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!
NORD
マイヤー
Auvesy
IGUS
Rollon
Auvesy
マイヤー
Gimatic
NORD
テュルク
Pepperl + Fuchsの
ハーティング
Kocomotion電話-すべて
三菱
シュメアザール