インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

haag0612ACHEMA 4.0ホール、ブースH3

ハーグ+ Zeissler モジュラー設計の公称サイズ125までのステンレス鋼のロータリージョイントを導入しています。 「CD-Cartridge-Design」シーリングカートリッジシステムと組み合わせると、ボールベアリング、スライドベアリング、または固体で潤滑されたベアリングのいずれかをカートリッジに取り付けることができ、シールのペアまでカスケード型のモジュラーシステムになります。 フランジ、選択可能なシーリングセラミックまでのインナーチューブが含まれます。

この柔軟なシステムは、すべての構成のハウジングに基づいています。 シンプルなフローを備えた基本ユニットは、中間ディスクを使用して延長でき、固定または回転するインナーチューブ用の双方向通路に曲がります。 顧客の要求に応じたフランジ接続は、固定ハウジングと溶接接続されたローターにさまざまに適合させることができます。

ベローズを備えた構造には、Oリングやスプリングが含まれていないため、300°Cまでの高温にも使用できます。 いくつかの標準化されたコンポーネントにより、堅牢で耐久性のあるロータリーフィードスルーが実現され、特に過酷な周囲条件でその強度を発揮できます。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!