インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

kipp0119ハノーバーメッセホール3、ブースM43

インクルード ハインリッヒキップWERK 新しい範囲が広い クランプ要素 既存の範囲に含まれます。 新製品の機能は空気圧です。 クランプ要素は、加工機械での使用に特に適しています。 部分的な自動化により、プロセスが大幅に簡素化されます。

成形クランプ空気圧"(1)は焼戻し用鋼芯と高強度アルミニウム製のコレットで構成されています。 クランプ本体を所望の装置にねじ込んだ後、コレットは、「開」または「閉」の印で圧縮空気によって空気圧的にロック解除または閉じられる。 コレットを簡単に交換するだけで、異形のワークを素早く安全に固定することができます。

「の使用テンションクランプニューマチック"(2)は、ワークとクランピングボルトのネジ接続を提供します。 続いて、マークされた接続部への圧縮空気の適用によって開閉が行われる。 支持面を吹き飛ばして清掃するために別の接続部が使用される。 さらに、工作物が表面上にあるかどうか、このインターフェースを介して問い合わせることができる。 テンショナーは、ゼロ点クランプシステムとしても使用できます。

製品の決定的な特徴」プルダウンクランプ空気圧"(3)、"スイングクランプ空気圧"(4)"と "サイドクランプニューマチック"(5)は、加工するワークを固定する方向です。 プルダウンクランプでは、上から電圧がかかります。 スイングクランプは、上からのワークの自由なローディング、アンローディング、そしてクランピングを可能にする旋回機能を持っています。 サイドクランプにより、最適なアクセシビリティが確保されています。横方向の張力により、上部作業面に干渉する縁がありません。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!