インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル
smc0416ユーザーは圧力制御弁ASRとASQの流量制御弁を組み合わせます SMC空気圧 それらの電気駆動のシリンダに、それらは40%の空気消費量を低減することができます。 戻りストロークの応答を大幅に短縮することができます。

さらに、ASRとASQシリーズの制御バルブは、垂直アプリケーションでのストロークの動きを調和させ、ぎくしゃくした起動を防ぎます。 プレス用途では、ストロークの終わりに圧縮空気を迅速に供給することができます。 新しい制御バルブのバルブ本体とプラグ接続は360°旋回できるため、迅速で簡単な取り付けが保証されます。

ASR / ASQの範囲には、接続サイズR5 / 1、R4 / 3、R8 / 1、およびホース直径2〜6 mmの合計12つのモデルが含まれます。 顧客は、設定圧力が固定または可変のバルブを選択できます。 オプションのバリアントは0,2 MPaの圧力に固定されていますが、可変標準モデルの圧力はアプリケーションに応じて0,1〜0,3 MPaの間で調整できます。 設定は、XNUMXつの部分からなるスケール付きの回転ノブを使用して手動で行われます。

圧力制御バルブと流量制御バルブは、シリンダーに組み込まれています。 ASQ流量制御バルブは作動ストローク側にあり、ASR圧力制御バルブは戻りストローク側にあります。 360つのバルブシリーズの構造はわずかに異なります。ASRシリーズの圧力制御バルブは、チェックバルブとスロットルチェックバルブを備えたレギュレーターで構成されています。 ASQシリーズ流量制御弁には、クイック供給弁、ブリード弁、および一方向流量制御弁が含まれます。 ねじ山はフルオロポリマーでコーティングされています。 バルブ本体とプラグ接続部はそれぞれXNUMX°旋回できます。
メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!