Frästeile

チップフライトテクノロジーズ, ein Startup der Technischen Universität München (TUM), bietet als erster Lohnfertiger einen vollständig automatisieren の注文プロセス CNC旋盤加工部品の製造、 オンラインショップでは、ユーザーはターニングとフライス加工を使用して個別に製造されたコンポーネントの価格をすぐに計算し、直接注文できます。

Für die Preis Kalkulation der Aufträge lädt der Benutzer ein CAD-Modell (STEP-Datei) der zu fertigenden Drehteile oder Frästeile im Shop hoch und wählt das gewünschte Material, die Stückzahl zwischen 1 und 1000 und den Liefertermin. Zusätzlich hat er die Möglichkeit, eine technische Zeichnung im PDF-Format hochzuladen, aus der Informationen zu individuellen Fertigungstoleranzen, Passungen, Gewinden und Oberflächen automatisiert ausgelesen werden. Dadurch können funktionale Bauteile mit hohen technischen Anforderungen berücksichtigt werden. Mit Hilfe eines Algorithmus berechnet die Plattform in wenigen Sekunden einen Angebotspreis, zu dem die Kunden die Bauteile direkt bestellen können.

Das Startup wurde im Januar 2018 von Dr. Markus Westermeier (Geschäftsführer Fertigung und Vertrieb) und Dr. Adrian Lewis (Geschäftsführer Softwareentwicklung) gegründet. Es hat sich bewusst zunächst auf den Bereich der CNC-Fertigung (Drehen und Fräsen) spezialisiert. Während seiner Tätigkeit im Vertrieb eines Fertigungsunternehmens erlebte Markus Westermeier den oft ineffizienten Beschaffungsprozess hautnah und entwickelte aus dieser Erfahrung die grundlegende Idee.

Die Preiskalkulation für CNC-Dreh- und Frästeile ist oft komplex. In der Regel gibt es viele Lösungswege um ein Bauteil zu fertigen, das mit sehr unterschiedlichem Aufwand verbunden sind. Um den effizientesten Weg für die Herstellung und Bearbeitung kundenindividueller Produkte zu finden, ist viel Erfahrungswissen notwendig.

Ausschließlich qualifizierte Lieferanten in Deutschland, die vorab einer umfassenden Qualitätsprüfung unterzogen werden, fertigen die Teile. Als Fertiger ist Spanflug zentraler Vertrags- und Ansprechpartner der Lieferanten.


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

機械要素に関するその他のニュース

  • Logimat Hall 1、ブースD61世界初のWinkel GmbHの「デュアルファーストピックステーション」パレタイザーは、Logimat 2020の見本市の注目の的となっています。 パレタイジングのために変換する必要がないためです。 これにより、ユーザーは配達をより速く、より効率的にパレットで運搬できます。 物流アプリケーション向けの保管および回収機械およびソリューションも展示されます。
  • 新しい「Taktocube」により、FMB-SüdブースB23 Taktomatは、高速サイクルアセンブリシステム用のモジュラーマシンセルを提供します。 ユーザーは単一のソースから完全なソリューションを受け取り、短納期の恩恵を受けることもできます。
  • FMBホール21、スタンドB12 Afagは、新しい「LTM-Horizo​​ntal」トランスポートモジュールを使用して、高サイクルレートのコンパクトシステムに適したアセンブリプラットフォームを開発しました。 LTM-Hは、従来のロータリーテーブルに代わる省スペースの代替品であり、ユーザーに優れたアクセシビリティを提供します。 標準コンポーネントで構成されています。
  • Sauter Feinmechanikの「RT Compact」シリーズのラウンドテーブルは、個別に設定できます。 多くのバリエーションのハウジングとテーブルトップは、ベアリング、ドライブ、測定システム、クランプの標準化されたアセンブリと組み合わされています。 国固有の要件への適応も可能です。
  • Motek Hall 3、スタンド3327ハインリッヒキップ工場では、新しい「ビッグハンド」チューブラーハンドルと「機能グリップ」製品ラインのスマート製品を紹介しています(写真)。 見本市の訪問者は、クランプテクノロジーの自動化セルで勝つことも、歴史的な展示を使用して会社のXNUMX年の歴史に没頭することもできます。
  • EMOホール12、スタンドC06のStamaさまざまな観点から見ると、いくつかの特殊なマシンで個別のプロセスで製造されたほうがよいコンポーネントは、業界全体に存在します。 「エプメント」鉱物鋳造で作られた機械フレームは、StamaのMT 733マシニングセンターで必要な安定性を提供します。
  • Motek Hall 4、Stand 220 Stein Automationは、高価な空気圧コンポーネントの割合をさらに削減するのに役立つ特別な電気ストッパーを提供します。 また、訪問者は、ワークステーションパレット搬送システム300を標準バージョンとしてライブで体験し、短いサイクルタイムと高速の材料搬送について知ることができます。
  • コンベヤシステム用の一連の「ワンタッチ」検査ドアとハッチカバーを備えたTsubakiは、同社にとっては珍しい新製品を紹介しています。 これらは、小麦粉、穀物または他の多くのバルク品などのバルク品の輸送に特に適しています。
  • ミュンヘン工科大学(TUM)の新興企業であるSpanflug Technologiesは、CNC旋盤加工部品の製造のために完全に自動化された注文プロセスを提供する最初の契約メーカーです。 オンラインショップでは、旋削とフライス加工を使用して個別に製造されたコンポーネントの価格をすぐに計算し、直接注文できます。