インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

ACE1012ユーロプレート15ホール、ブースF13

の "チューブ·スペシャル"ホールドダウンダンパー ACEショック 前任者の世界を形成するシートメタルのホールドダンパーとして自動車産業では削除わずか2年間であります。 以前にポリウレタンクッションディスクで使用するシートメタルパーツ、リテーナの保持要素の蒸気は、ほぼ良好ではない正義の形成における役割であった。

このサクセスストーリーは、各顧客のニーズと常に密接に連携してきた3年間の開発作業の結果です。 最初に研究室で耐久試験を実施して最大の負荷を決定し、選択されたプレス工具で試験を行い、有名なドイツの自動車メーカーで要素の選択テーブルを計算した後、静的および動的な力-変位曲線とエネルギー吸収および-社内のテストスタンドでの吸収を決定。

5と269 Nmの間の領域でコポリエステルエラストマーホールドダウンダンパーの最大エネルギー吸収を達成するために、設計に応じて静的条件下で可能であったため、最初の静的および動的テストは有望でした。 29,4 mmの最大高さで、 実際に普及している動的な条件下では、同じサイズのPU要素の結果はほぼ2倍になりました。

テストシリーズは、いわゆるフォールテスターで実施されました。 これには、レーザー経路測定システムが装備されています。 測定値は、デバイスの下のロードセルで決定されます。 さらなるコースでは、試運転会社に対応する選択マトリックスを各タイプに作成できます。 このマトリックスを使用して、ツールメーカーはダンパーのサイズと数を簡単に決定できます。 ここでは、ブランクの速度と重量、およびプレスストローク数が考慮されます。 前回のテストシリーズから、≤17から40ストローク/分までのさまざまなプレスストローク数の選択テーブルがさらに作成されました。 直列に接続された複数の減衰要素(1-foldから3-fold)。 ねじサイズがM00002からM00014のねじを保持するための管状特殊タイプD10からD30は、比較的迅速に入手できました。


メーカーの別の寄与 CADデータ ショックアブソーバーの計算 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!