インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

マーティン公差補正のための中間層の使用は、今日、エンジニアの小さな掛け算表のモジュール設計の一部です。 100分の1の範囲の精度が要求されないすべての場合のために、Georg Martinは今0,1ミリメートル層プレートを提供します。 特にギア、自動車、航空および機械工学の分野では、DIN 988に準拠したワッシャーやパスプレートに代わる経済的な方法です。

それはに属します 製品ライン「M-Tech L」、最大厚さ0,1 mmの個々のフォイルで構成され、アルミニウム(EN AW-Al99,5)およびステンレス鋼(X5CrNi18-10)でさまざまな厚さで利用できます。

0,1 mmのフィルム厚で、このレイヤードシートは実際、マーチンのM-Tech L範囲の「厚い」ものの1つです(会社は0,027 mmの厚さのフィルムも製造しています)。公差補正のための経済的なソリューション特にギア、航空、車両、機械工学の組立構造では、従来のワッシャーとライナーの経済的な代替品であることが証明されています。

マイクロメートル範囲の精度が必要とされない場合は常に、新しい0,1ミリラミネートにより、目的地にすばやく到達できます。 0,05ミリメートルレイヤーシートと比較して、より大きなグラデーションのために、手動による剥離プロセスが大幅に少ない場合、望ましい精度が達成されます。 さらに、この目的に必要な精密フォ​​イルの数が500分の1のラミネートに比べて半分になるため、新しいラミネートシートは非常に費用対効果が高くなります。 機械アセンブリの許容誤差は、0,1ミリラミネートにより非常に柔軟に補正できます。

M-Tech Lライナーの最大寸法は600 x 1200 mmです。 これらは、描画する任意のジオメトリに作成できます。 中間層の代替品として、ディーツェンバッハを拠点とするサプライヤーは、最薄の単一ホイル、研磨された、粘着性のある、または品揃えの固体補償プレート(M-Tech S)、および片方の端にのみ接着され、切り離しカレンダーのように分離できるパッケージ化された中間層も提供します( M-Tech P)。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!
IGUS
Gimatic
ハーティング
NORD
Rollon
テュルク
Auvesy
シュメアザール
三菱
Pepperl + Fuchsの
Kocomotion電話-すべて
マイヤー