インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル
Hainbuch0315EMOホール4は、スタンドB06

シデの小さなミニフィード - ラウンド "Spanntop」と六角形の「TOPlus」今も互換性のモジュール化されて。 Spanntopは、小さな干渉輪郭を取得し、柔軟にモジュラーを使用するために適応リングを有しています。 既存の「マンドゥは適応」マンドレルとパンモジュールは、新しいミニSpanntopと非常によく調和します。 TOPlusバージョンは、任意の適応リングを必要としない、すでにそれが、ベーキングモジュールに対応する取付穴円を統合しました。

来年、専用のMando Adaptシリーズが予定されています。 両方のミニチャックは、送りの深さを増やすためにフルレングスであり、3つの標準長で利用できます。 したがって、彼らは異なるZugrohrlagenに会います。

締付け干渉の輪郭と質量は、仕上げにおいてますます重要な役割を果たします。 ツールへのアクセス性とエネルギー消費の削減は、最新の未来志向のクランプ装置の特徴です。 これまで以上に、ワークブランクのオーバーサイズは以前よりも小さくなりました。 そのため、ここではチップの量ではなく、最終的に仕上げに焦点を当てています。 ワークピースへのアクセス性が向上しているため、Miniシリーズのチャックは、メインスピンドルとカウンタースピンドルのより短い安定したツールに使用できます。 これは、表面の品質に直接影響します。

また、質量が38%だけ縮小しただけでなく、送り径と全長が3分の1または4分の1だけ最小化されました。 干渉の軽減された輪郭により、適切な工具の選択が容易になり、特にカウンタースピンドル機械で使用可能な小さな設置スペースに対応します。 質量が少ないことは、特にエネルギー消費が少ない直列運転に反映されます。 動的なスピンドル加速により、サイクル時間が短縮されます。 そして全体として、ワークピースあたりのコストが削減されます。
メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

IGUS
Auvesy
マイヤー
Pepperl + Fuchsの
Kocomotion電話-すべて
Rollon
テュルク
三菱
Gimatic
ハーティング
NORD
シュメアザール