インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル
Kipp0116新しい」5車軸クランプコンパクト」の ハインリヒ・キップ 最新の5軸マシンで複雑なワークを加工するために設計されました。 彼は新しいクランプ物理学を持ちます:クランプ力とワークサポートの分離により、クランプ値が大幅に向上します。 システムには、さまざまなクランプ状況を可能にするモジュール式拡張機能が追加されています。

長さ280 mmのベースプレートは、小さなテーブルのある機械に特に適しています。 短いベースプレートは、大きなワークの固定にも使用できます。 ワークピースに応じて、それらは互いに大きな距離で固定されます。 適切なアダプターシャフトと延長シャフトを使用して、ジョーを接続できます。

中央のジョーによって、2つのワークピースが引き伸ばされます。 2つのワークピースの寸法が同じであるか、異なるかは関係ありません。 振り子の顎は、斜めのワークまたは斜めのカットのクランプに使用できます。 ここでは最大±4度の角度が可能です。

エレメント「クロス電圧用カップリング」により、2つの5車軸クランプが横方向にコンパクトに接続されます。 これにより、大きくて角のあるワークを4つの側面からクランプできます。 正方形または長方形にすることができます。 丸型クランプセットは、直径20〜320 mmの丸型ワークを固定するために使用されます。 セットごとに、側面ごとに2つのクランプ爪が使用されます。 ここでは、クランプ爪は左ねじとして設計され、もう一方は右ねじとして設計されています。 これにより、ロープル効果がサポートされます。

2本の皿ネジですべてのジョーを位置合わせして固定します。 これにより、滑らかなジョーを丸いクランプセットに、またはその逆にすばやく交換できます。




メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!



NORD
マイヤー
Auvesy
Gimatic
Pepperl + Fuchsの
Kocomotion電話-すべて
ハーティング
IGUS
シュメアザール
マイヤー
テュルク
Auvesy
Rollon
NORD
三菱