インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

yaskawa0819溶接ホールDC、ブース206

2つの非常にコンパクトなターンキー式ロボットベースの不活性ガス溶接セルで拡張 安川 「Arcworld」ポートフォリオ。 Motomanロボット、ポジショナー、コントロール、電源は省スペースであり、単一のプラットフォームですぐに使用できます。 これにより、必要に応じてロボットセルをすばやく簡単に移動できます。

さらに、インストールと操作が非常に簡単です。 2つの新機能は、これらの利点を最小のスペースで実現します。ArcworldRS Miniは2,3 m2フットプリントのみを必要とし、Arcworld HS Microは1,4 m2のみを必要とします。 このように、コンパクトセルは、自動化を開始するための、または手動溶接システムの補足として、柔軟で省スペースで費用対効果の高いオプションを提供します。

手動操作のターンテーブルを使用すると、セル内でワークピースを処理している間に部品を挿入できます。 これにより、ダウンタイムが短縮され、部品のスループットが向上します。

両方のコンパクトセルには、プラットフォームとハウジング、ロボット、溶接パッケージ、および必要なすべての付属品が付属しています。 各溶接パッケージには、溶接電源、必要なケーブル、ワイヤフィード、溶接トーチが含まれています。 ロボットは、Motoman AR900を使用します。 パス精度が高く、保護クラスIP67で完全に実行されます。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

マイヤー
NORD
Auvesy
Auvesy
マイヤー
Rollon
ハーティング
シュメアザール
Gimatic
IGUS
テュルク
NORD
Pepperl + Fuchsの
Kocomotion電話-すべて
三菱