インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

ejot0819Kホール5は、スタンドC03

新しい」EVO PT "ボルト Ejotのプラスチック直接接続用に開発されました。 この接続は、関連する使用条件を考慮して事前に計算することもできるため、設計の初期開発段階にあるシステムの早期検証が可能になります。

コンポーネントの一貫した形状分析により、標準化の可能性がユーザーと緊密に協力して示されます。 これまでは、異なるクランプ部分の厚さで同一のねじ込み深さを達成するために、ねじ接続の設計で異なるねじ長が必要でした。 そうしないと、同じ締め付けトルクで作業することができませんでした。 EVO PTの特殊なねじ山形成ゾーンにより、ねじ込み深さ以上でほぼ一定の挿入トルクを生成できます。 個々の状況に応じて、コンポーネント全体で同じネジ寸法を使用すると、アセンブリ内の部品数が削減されます。

さまざまなネジの直径について、既存のネジを使用した標準化が可能か、ネジのオーバーサイズまたはアンダーサイズが存在するかを計算します。 これにより、貴重な開発時間が節約されます。 トルクと予荷重の力の予測は当然のことです。 特別なサポートとして、「EVO Calc」は、温度の影響下でのプラスチックの直接接続の緩和挙動の計算も可能にします。

完全なアセンブリのマルチボルト接続の検討と分析のために、メーカーは強力なCAEサービスを提供しています。 コンポーネントのFEM解析により、接続の最大負荷ポイントが決定されます。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!