henkel0217ヘンケル接着技術は、軽量化を達成し、そのプロセスの持続可能性を改善するための新しい合金および多金属材料と心配しているOEMメーカーやサプライヤーのための「ボンデライト」ソリューションの多様な範囲を提供します。

自動車メーカーの間では、従来のスチールまたは亜鉛メッキ鋼をミッシュメタルおよび非常に軽い金属基板に置き換えて大幅な軽量化を達成するという強い傾向に続いて、Benseler Groupは車体および耐荷重車両コンポーネントの新しいカソード浸漬(KTL)製造施設を稼働させました撮影しました。 この施設では、1時間あたり約1000m²の金属のコーティング能力により、サプライヤーは、金属の前処理における主要なコスト、性能、持続可能性の基準に対処するヘンケルが開発したいくつかのプロセスに依存しています。

アルミニウム部品の脱酸とクロムフリーの変換には、特にマルチおよび軽金属基板向けのリン酸塩フリーのヘンケル技術に基づいたBonderite M-NT 2040が使用されます。 浸漬コーティング前のスチール部品の最後のステップは、特殊なトリカチオン性リン酸亜鉛処理です。 両方の技術は、最適な腐食保護を確保するために、後続のコーティングに理想的な表面を提供するために基材を活性化するのに役立ちます。

Bonderiteポートフォリオには、あらゆる種類の単一および複数金属基板用のニッケル、クロム、および亜鉛を含まないプロセスが含まれます。したがって、顧客は、前処理の前、処理中、および処理後のバリューチェーン全体に特化したコーティング化学とサポートの完全なパッケージを受け取ります。 最近の開発には、マグネシウム/ジルコニウム用のボンデライトM-NT 160 / 161や、アルミニウム/チタン用のM-NT 400などの特殊配合が含まれます。 鋼または亜鉛めっき鋼とアルミニウムの組み合わせについては、M-NTテクタリスに加えて、新しいM-ZN 2ステッププロセスが利用できます。

高度なM-NT 160 / 161プロセスは、ハイブリッドマグネシウム/アルミニウム構造の変換に適しているだけでなく、その日に塗装可能な部品を提供する世界で唯一のソリューションでもあります。 コンポーネントのサイズと複雑さに応じて、変換時間は15から180の範囲です。 15°から30°Cの温度では、クロムを含まないプロセスにより基材上に層が形成され、塗料の接着に加えて、腐食保護も最適化されます。
メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!