renesas0417SPS IPCはホール10.1、130スタンドをドライブ

ルネサスエレクトロニクス は、ACサーボアプリケーション用のHiperface DSLデジタルエンコーダインタフェースをサポートするRZ / T1マイクロプロセッサ(MPU)用の新しいソリューションパッケージを発表しました。 このサポートにより、顧客システムのBOMコストが削減され、市場投入までの時間が短縮されます。

RZ / T1グループは、デュアル精度浮動小数点演算ユニット(FPU)と最大4 MHzのクロック周波数を備えたArm Cortex-R600プロセッサで動作します。 リアルタイム処理、密結合メモリ、デュアルサーボモーターサポート用の高速アナログ回路、および高精度ACサーボドライブアプリケーションのニーズを満たす分散ネットワーク接続を提供します。

RZ / T1は、EnDat 2.2、Biss-C、玉川、Aフォーマットなど、他の主要なエンコーダインターフェイスを既にサポートしています。 現在、RZ / T1は、デジタルエンコーダーインターフェイスHiperface DSLのサポートも提供しています。 これらのデジタル双方向インターフェースは、アブソリュートエンコーダから正確な位置値をキャプチャします。 別個のFPGAまたはAsicsを使用する代わりに、これらのエンコーダインターフェイスをRZ / T1に統合すると、部品数が削減され、システムコストが削減されます。

この強化された機能により、RZ / T1は主要なエンコーダーインターフェイスのほとんどをサポートし、構成可能なインターフェイスにより、単一のデバイスプラットフォームからのさまざまなエンコーダーインターフェイスの交換を簡素化します。
メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!