業界最新

会社からの最新のニュース

schaeffler0419三菱電機 株式会社と シェフラーテクノロジーズ AG&Co. KGは、eF @ coryory Allianceネットワークを通じたグローバル戦略的パートナーシップを発表しました。 2010以来、この2社は EF @ ctoryアライアンスこれは三菱電機のeF @ coryの概念の一部です。

このコンセプトは、製造実行システム(MES)やエンタープライズリソースプランニング(ERP)システムへの機械やプラントのデータの統合など、企業のデジタル変革活動を支援します。

博士 Schaeffler AGの最高執行責任者であるStefan Spindlerは、次のように説明しています。「かなりの付加価値を持つ4.0ソリューションを顧客に提供できるようにするためには、企業間の協力が必要です。 シェフラーと三菱電機の技術的専門知識と理解が、このグローバルな戦略的パートナーシップの中で組み合わさり、プラント生産とライフサイクルコストの最適化に役立つ、きちんと調整されたインテリジェントなソリューションを提供できるようになります。」

三菱電機のファクトリーオートメーション海外事業部の執行役員兼ゼネラルマネジャー清水憲之は、次のように付け加えています。「近年、ヨーロッパやアジアのさまざまな国でプロジェクトを成功裏に実施しています。 今、私たちはグローバル規模で私たちのコラボレーションを強化し拡大したいです。」

Schaefflerと三菱電機は、接続性を向上させ、機械のダウンタイムを短縮し、顧客の生産性を最大化する新しい業界の4.0ソリューションを作成するために協力して取り組んでいます。 例えばシェフラー状態監視システムに実装されたSLMP(シームレスメッセージプロトコル)マシンプロトコルは、双方向振動センサが三菱電機のプログラマブルロジックコントローラ(PLC)と通信することを可能にし、決定された特性値の送信を可能にする。 PLCは、画面上にプレーンテキストメッセージの形式で表示される情報のデータを処理します。 さらなる統合段階を通じて、状態監視システムはネットワークケーブルおよびModbusプロトコルを介してそれぞれのシステムのPLCに接続することもできます。

画像:(左から)三菱電機のヨーロッパ事業グループのファクトリーオートメーション責任者であるHartmutPütz博士。 Schaeffler AGのStefan Spindler、Rauli Hantikainen、Schaefflerの産業4.0、三菱電機のファクトリーオートメーションシステムグループの産業用IoT大使、Schaefflerのセールスエンジニア中村和明

メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

このウェブサイトは、