業界最新

会社からの最新のニュース

Harting0419インクルード ヒロセ電機株式会社東京、そして ハーティングテクノロジーグループ シングルペアイーサネット(SPE)相互接続テクノロジシステムの共同開発、製品の標準化、および商品化に合意しました。 この実証済みの提携の目的は、IIoTを実現するための、一貫性と信頼性のあるPESインフラストラクチャを提供することです。

「シングルペアイーサネットの分野でのこの共同開発により、2社間の成功した技術提携は継続され、統合されるでしょう」と広瀬社長の石井和典氏は言います。 この提携は、両社が共同で「Ix Industrial」インターフェースを発表した2016の秋に発表されました。 HartingのCEO、Philip Harting氏は、次のように述べています。

SPEの新しい接続技術を成功させるために、East Westphalia-Lippeと東京の技術提携は、一貫性のある完全なインフラストラクチャのために技術全体の体系的な拡張を追求しています。 それはコンポーネント側のコネクタ、ソケット、ケーブルおよびケーブルセットの実用的なポートフォリオの提供から成ります。 さらに、両方のパートナー企業は、テクノロジ全体をユーザーグループに適切に位置付けることに努めています。 Harting ElectronicsのマネジングディレクターであるRalf Kleinは、次のように述べています。

写真:(左から)広瀬国際ビジネス部部長佐藤博司。 取締役Harting Technology Groupの会長、Philip Harting。 広瀬社長石井一典 Harting Electronicsのマネージングディレクター、Ralf Klein氏

メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

このウェブサイトは、