業界最新

会社からの最新のニュース

mitsubishi0519東京とベルリンは今年25を祝っています。 彼らの長期的な都市提携の記念日。 デジタル変革の背景、持続可能な都市、未来のモビリティ、そして急速に変化する都市と国の人口統計、マイケルミュラー、そしてベルリンの一流企業の付随する代表団は、 三菱電機 東京本社で一緒に。

会議では、グローバル戦略企画マーケティンググループの執行役員兼グループプレジデントの松下聡が会社概要を説明しました。 三菱電機株式会社広報室長は、日本の「社会5.0」のコンセプトと、自律走行やゼロエネルギービルディング技術などの将来を見越した技術について、代表団から説明を受けました。

エグゼクティブ・アンド・グループの松下聡氏は、次のように述べています。グローバル戦略計画・マーケティンググループプレジデント。

訪問の間、代表団の参加者は、「日本社会のあり方5.0 - 適応可能な青写真」という日本の概念に直接的かつ即時の印象を与える機会を得ました。 三菱電機は、幅広い製品と技術のポートフォリオ、およびJapan Society 5.0への貢献について参加者に通知しました。 具体的な応用例を用いて、急速に発展している「スマート/ e-モビリティ」の技術が電気自動車のネットワーク化と都市の電力供給ネットワークをどのように可能にするかを示しました。

将来の社会的および資源関連の課題を解決する上で、Society 5.0のコンセプトは人々がデジタル化を利用するのを助けることを目的としています。 歴史的に、社会5.0は人類の5番目の進化的なステップを表します。 農業、産業、情報時代を超えたハンターや集会者のレベルを超えて、ソサエティ5.0はネットワーキングの時代を象徴しています。現代社会の挑戦 同時に、この概念は国連の持続可能な開発目標(SDG)と密接に関連しており、これらの実現に積極的に参加することを目指しています。 三菱電機は、その技術ポートフォリオを通じてSociety 5.0およびSDGの実現に貢献しようとしている大手企業の1つです。

写真:(左から)三菱電機コーポレート・エグゼクティブ&エグゼクティブ・リレーションズ、マイケル・ミュラー、ベルリン市長、松下智、グローバル戦略企画マーケティンググループ執行役員

メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

このウェブサイトは、