業界最新

会社からの最新のニュース

男hummel0619ろ過技術における世界有数の専門家 マン+フンメル 2018は、売上高を3,96 10億ユーロ(2017:3,9 10億ユーロ)にわずかに増加させました。 前年比で1,6%の売上がわずかに増加したのは、為替の悪影響の影響を大きく受けています。 結果(Ebit)は93,6百万ユーロに減少しました(2017:185,1百万ユーロ)。

全体的に見て、社長+最高経営責任者であるWerner Lieberherr氏(写真)は、今年の業績に不満を抱いていた。

2018の不満足な収益状況を考慮して、ろ過スペシャリストは2月にすでに競争力をさらに強化するための包括的なコスト再編プログラムを発表しました。 世界中で効率を向上させるための努力は100百万ユーロを節約することが期待されています。 「我々は、計画的なコスト再編が持続的かつ成功裏に会社を未来に導くために必要であると確信しています」とWerner Lieberherrは説明します。

同社は2019でコスト再編措置を完全に開始する予定であり、これは既に当事業年度における行動計画の最初の効果となる予定である。 したがって、2019については、前年と比較して好調な売上高および利益の業績が見込まれます。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

このウェブサイトは、