インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル
Mitsubishi0415インクルード 「EF @ ctory」コンセプト三菱電機 シンガポールで毎年開催されるFrost + Sullivanの「Best Practice Awards」で「2015 Frost&Sullivan Southeast Asia Enabling Technology Award」を受賞しました。 この賞は、ファクトリーオートメーションで産業用モノのインターネット(IIoT)を実装するための基本技術を提供したeF @ ctoryを表彰します。

専門家の決定は、バリューチェーン全体にわたる広範な一次および二次研究に基づいています。 これにより、選択したテクノロジーと製品のユニークな360度ビューが作成されます。 Frost + Sullivanの会長であるDavid Frigstadは次のように説明しています。「原則として、基本的な技術リーダーになるのは簡単ではありません。 しかし、今日、激しい競争、顧客のボラティリティの増大、経済の不確実性の高まりにより、これまでになく困難になっています。 さらに、知的財産を絶えず考慮してイノベーションを開発することは非常に困難です。

コンセプトの中心にあるのは、PLC、HMI、ロボット、ドライブなどの基本的なファクトリオートメーションコンポーネントです。 関連するハードウェアコンポーネントに接続することにより、制御システムをITシステムにリンクすることができ、最終的にはMES(製造実行システム)および企業アプリケーションにも接続できます。 Frost + Sullivanのシニアリサーチアナリストであるクリシュナンラマナサンは、次のように述べています。自動化システムはますます重要になっています。 三菱電機は、ファクトリオートメーションにおけるこのような技術の可能性を認識しており、製造業へのIIoTの関連性も透明性の重要性を高めることを知っています。 eF @ ctoryは、会社全体の透明性に最適なソリューションです。」

3000以上の直接および間接パートナーのネットワークにより、eF @ ctoryは、単一の動的生産ユニットに幅広いセンサー、機械、IT技術を統合する道を開きます。 この例は多様であり、特定の業界や地域に限定されません。 eF @ ctoryは、幅広い用途を備えたスケーラブルな基本テクノロジーであるためです。 すでにいくつかのモデルアプリケーションと数百の顧客システムがあります。 たとえば、インテルや他のアライアンスパートナーと協力して、マレーシアでパイロットアプリケーションが実装されました。 拒否を減らし、インテルの生産効率を高めることで、数百万ドルを節約しました。
開発スカウトテレビ - ステートメントフェア メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!