guedel0116ハノーバーメッセホール17は、スタンドE04

Güdel 大型部品の機械加工における生産能力を世界的にさらに拡大しました。 生産ラインでは、長さ15 m、幅1,4 m、深さ1 mの大部分を自動的に加工できます。 Güdelロボットポータルの需要は年々着実に増加しており、独自の生産の拡大が必要です。

すでに2008のメーカーは、Langebettfräsmaschineの内部名LFMを持つ独自のフライス盤の開発を開始しました。 これは、2009年に運用が開始されました。 これにより、大きな部品が処理され、自動化ソリューションにインストールされます。 市場の一般的なシステムは、独自の要件を満たしていませんでした。 機械加工の長さと比較すると、Y軸とZ軸の移動量が高すぎて、独自の品質要件を満たしていないため、独自の最適なソリューションを構築するために短い決定が下されました。

容量の使用率は長年にわたって増加を続け、ほぼ100%の制限に達しました。 今後の開発と最適化は間もなく開始されます。 それ以来、同社はこれらの生産マシンの数を4倍に増やしました。 ランゲンタールのスイス本社に2つの工場があります。 他の大陸の顧客により速く届けるために、さらに2つが送信されました。 その間に、最新の2台のマシンも作業を開始し、米国のアナーバーと上海の近くの臨港の支店ですでに2つのシフトで生産を行っています。

Güdelマシンのパフォーマンスデータは印象的です。 フライス盤にはReidenfräskopfが装備されており、水平位置と垂直位置の間で旋回できます。 これにより、部品を1つのクランプで5つの側面で機械加工できます。 スピンドルには、最大7000の速度があります-1 および最大750 Nmトルク。 直線軸タイプのTMFと同様に、必要な許容誤差はわずか±0,02 mmです。 LFMには、最大40 CNCツールが装備されています。
メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!