業界最新

従来の自動車開発とeモビリティ

mitsubishi10719技術記事

三菱電機情報技術研究開発センター 日本では、濃い霧や豪雨でも車両の周囲を高精度に検出できる新しいセンサー技術を開発しました。 この技術は、従来のセンサーの検出精度が低下するような過酷な気象条件においても、自律走行支援システムの強力な機能を可能にすることを目的としています。

自動運転支援システムおよび補助運転システムで使用されるセンサに関する一般的な研究開発は、認識精度の向上に引き続き焦点を当てている。 これらのシステムは、自動車の邪魔になる障害物の位置、速度、大きさなどを確認するさまざまな種類のセンサーに依存しています。 しかしながら、このようなセンサを備えた従来のシステムは、例えば、濃霧や豪雨においては、カメラの視界と同様に、電磁波およびレーザ波の伝達を低下させるので、信頼できる性能を提供していない。

新しく開発された堅牢なテクノロジは、信頼性に基づいて、車両上の複数のセンサからのデータを選択して組み合わせます。 さまざまなセンサー(速度、幅、向き、距離など)によって収集された時系列データをリアルタイムで分析して、各センサーのデータが気象条件に基づいてどれだけ信頼できるかを予測します。 信頼性の高いデータを選択して組み合わせることで、悪天候下でも高精度な検出が可能です。

テストセンターでの安全な緊急ブレーキ

mitsubishi30719この技術は、悪天候下での実車の性能を検証するために、自律フルブレーキシステム(AEB)を搭載した車両の日本のテストセンターで使用されました。 AEBシステムは、従来のセンサーでは多くの精度が失われる状況下でも安全な緊急ブレーキを実行できることが確認されました。

将来的には、同社は2023からのマーケティングを目的として、実際の環境で技術をテストし、開発を継続していきます。 将来この技術が自律走行車に使用されて、悪天候下でも安全で正確な車線変更を確実にすることが期待されています。

異なるセンサーからのデータの選択と組み合わせ

さまざまなセンサーが速度、幅、向き、距離などの時系列データを収集し、それらを予測されたデータと対応する関数に基づく値と比較しました。 リアルタイム計算は、天候に依存する個々のセンサーデータの信頼性を予測しました。 システムはそれから非常に信頼できるものとしてデータを予測し、それを結合することを選びました。 このように、霧の激しい雨や大雨の中でも自律走行支援システムの機能を発揮できます。

悪天候にも強力なAEBシステム

mitsubishi20719厳しい気象条件をシミュレートするテストは、非営利法人日本自動車研究所の施設で行われました。 AEBシステムは、最大車両速度80 km / hで豪雨(40 mm / hの降水量)でテストされました。 緊急ブレーキを作動させた物体の検出に成功したおかげで、AEBシステムの正常な機能を検証することができました。 さらに、このシステムは、可視性15 m、車速10から15 km / hの濃霧中でテストされました。 すべての大雨テストは夜に繰り返されました。 さらに、10から40 km / hまでの車速でバックライトのカメラの精度を著しく低下させるテストが行​​われました。 すべての条件下で、AEBシステムは正常に作動しました。

環境検出のための予測機能

ライダーは霧の中ではうまく機能しません(空気中の水分はパルスレーザー信号を吸収します)。 したがって、システムは、データに基づいてそのような条件下で利用可能なニダーデータから決定することができる。 このテストの結果は信頼性の計算で考慮され、より正確な検出機能が可能になります。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

このウェブサイトは、